ヴォクシーの燃費・実燃費について検証

ヴォクシー燃費の詳細解説|実燃費は悪い?いい?

ヴォクシーの燃費・実燃費はどのくらい?

ヴォクシーは中型ミニバンで、ファミリーカーとして高い人気を持っています。

 

ヴォクシーを家族で日常の足にする際に気になるのは、やっぱり燃費だと思います。こちらでは、ヴォクシーの燃費性能・実燃費を様々な点から分析し、解説していこうと思います。

 

 

 

ガソリン車 | ハイブリッド車の性能・コストを比べる


ヴォクシーにはガソリンとハイブリッドの二つからパワーユニットを選ぶことができます。

 

パワーユニット

エンジン(cc)

燃費性能

ハイブリッド

1800cc

23.8km/リットル

ガソリンエンジン

2000cc

14.0~16.0km/リットル

 

上記がヴォクシーのパワーユニットごとの燃費性能です。見ての通り、ハイブリッドの燃費性能はかなり高いので「コスト重視で安くいくならハイブリッドでしょう」と思われる方もいるでしょう。ですが、コストの問題はとても複雑なのです。

 

ヴォクシーのハイブリッド車にはガソリン車と比較するとバッテリーを積んだり、ハイブリッド実現の為の様々なシステムが組み込まれています。それはもちろん車体価格に跳ね返ってきますので、「燃費がよければ安く上がる」とは限りません。例えばヴォクシーの場合であれば、ガソリン車とハイブリッド車の価格差は約40~50万円ですから、このコスト差を考える必要があります。

 

パワーユニット

1km走るのにかかる燃料代

ハイブリッド

約5.0円

ガソリンエンジン

約7.5円~8.5円

※ガソリン価格は120円/リットルで計算

 

上記はヴォクシーのパワーユニットごとの1km走るのに発生する燃料コスト一覧表です。ヴォクシーのハイブリッドはガソリンエンジンと比べると2.5円~3.5円コスト削減できるということになります。これは、ヴォクシーのハイブリッドで10万キロ走れば25万円~35万円燃料代が浮くということです。

 

しかし、ヴォクシーのハイブリッドとガソリンは車体価格差が40万~50万円となっていますので、ヴォクシーハイブリッドで10万キロ走行した時点ではトータルコストでヴォクシーガソリンに負けることになります。トータルコストが釣り合うのは15~20万キロは走る必要がありますので、ヴォクシーハイブリッドがコスト面で勝る状況は実はそんなに多くないことになります。

 

そうなるとヴォクシーのハイブリッドを買うと損してしまうんじゃないの? と思われる方もいるかもしれませんが、一概にそうとも言い切れません。ヴォクシーハイブリッドのメリットは燃費性能がよくなる以外にも色々あるのです。

 

  1. バッテリーで走る状況があるので、静音性能が高い。
  2. 燃費性能が優れており、ガソリンを給油する回数が少なくて済む。
  3. モーターがついている分、ガソリン車よりパワーがやや大きい。
  4. ハイブリッド車は、中古車として売却する時の価格(リセールバリュー)が高い。

 

ヴォクシーのハイブリッドはこれらの利点があります。ですから、トータルコストで考えると損してしまう状況は多くありますが、運転をしている時の快適さがアップするといった恩恵があります。ヴォクシーハイブリットのこの「メリット」の為に、数十万円のコストアップを受け入れるのも選択肢の一つに入ってくるでしょう。

 

コスト面に限定されず、総合的に見てヴォクシーはどっちのほうがお買い得かを検討しましょう。

 

パワーユニット種別

燃費

トータルコスト

ガソリン

ハイブリッド

 

総合すると、

 

  1. トータルコストを考えるのであれば、ヴォクシーガソリン車。
  2. 運転中の快適さを重視するなら、ヴォクシーハイブリッド。

 

こういった結論になります。

 

4WDの燃費性能はどうなってる?

 

基本的に、4WDは2WDと比較すれば燃費性能は低くなります。では、ヴォクシーはどうなっているのでしょうか。

 

車種名

2WD→4WD 燃費性能(km/リットル)

燃費低下率

ヴォクシー(アイドリングストップあり)

16.0→15.0

6.2%

ヴォクシー(アイドリングストップなし)

14.6→14.0

4.1%

※ヴォクシーハイブリッドは4WD設定がないので省略

 

ヴォクシーの4WD燃費低下率は4.1%~6.2%になります。もしもヴォクシーの4WDで年間一万キロ走ったとしても、燃料代の差は3500円~5000円程です。4WDにすると燃費性能が10%以上下がる車種もありますので、ヴォクシーは比較的性能が下がらない車種と言えます。
とはいえ、ヴォクシーの4WDを選択すれば車体価格は20万円ほど上がりますので、トータルコストはあがります。しかし、一度ヴォクシーを購入したあとの燃料コスト差に関してはさほど気にする必要はないでしょう。

 

各グレードで燃費性能の差はある?

 

パワーユニット

グレード名

燃費性能

ハイブリッド

HYBRID ZS

23.8km/リットル

ハイブリッド

HYBRID V

23.8km/リットル

ハイブリッド

HYBRID X

23.8km/リットル

ガソリン車

ZS

16.0km/リットル

ガソリン車

V

16.0km/リットル

ガソリン車

X

16.0km/リットル

ガソリン車

X“CPackage”

14.6km/リットル

※2WD車の燃費一覧となります。

 

上記はヴォクシーの各グレード燃費性能です。

 

ハイブリッドの燃費性能は横並びとなっています。

 

ガソリン車はZS・V・Xと比較してX“CPackage”の燃費性能がやや下がっていますが、これはアイドリングストップ機能を装備してないことが原因です。これにより年間燃料コストに数千円程度の差が出てきます。

 

グレード名

車体価格

年間燃料コスト(1万キロ走行)

X

248万円

7.5万円

X“CPackage”

228万円

8.2万円

 

「X“CPackage”」は「X」と比較して燃料コストは年間7000円ほどアップします。しかし、アイドリングストップ機能などがない分車体価格は20万円程下がります。

 

その為、「X」のトータルコストが「X“CPackage”」を上回るには30年以上乗らなくてはなりません。ですから、純粋なコスト面では「X“CPackage”」の方が優れているでしょう。

 

しかし「X“CPackage”」は

 

  • パワースライドドア(助手席もない)
  • スマートエントリー
  • 盗難防止システム

 

など様々な装備をそぎ落としています。最初に払う金額は少ないですが、快適性が落ちる為あまりコストパフォーマンスの高いグレードとは言えません。

 

ライバル車(セレナ、ステップワゴンなど)との燃費を比較


ヴォクシーを買う予定ではあるけれど、燃費において「ライバル車はどうなってるんだろう?」と思っている方もいるはずです。ヴォクシーのハイブリッド・ガソリン車双方の比較を行っていきます。

 

ハイブリッド車の燃費比較

 

最初にヴォクシーハイブリッドですが、今現在フルハイブリッド搭載の中型ミニバンはヴォクシーくらいしかありません。つまり、ライバルがおらずヴォクシー一択になってしまうので燃費比較ができないというのが現状です。

 

車種名

車体価格(ハイブリッド)

燃費性能

ヴォクシー 

299~332万円

23.8km/リットル

 

 

上記は参考までにヴォクシーハイブリッドの車体価格・燃費性能になります。

 

車種名

1km走るのにかかる燃料代

ヴォクシーハイブリッド

約5.0円

 

※ガソリン価格120円/リットルで計算

 

燃費もかなりよいのですが、比較対象がいないので参考までに確認してみて下さい。

 

ガソリン車の燃費比較

次はヴォクシーのガソリン車を確認していきます。ガソリン車であればライバルも比較的多く、セレナ、ステップワゴン、ビアンテといった車種が対象となってきます。

 

車種名

車体価格(ガソリン)

燃費性能

ヴォクシー(2000cc)

248~273万円(アイドリングストップあり)

228万円(アイドリングストップなし)

16.0km/リットル(アイドリングストップあり)

14.6km/リットル(アイドリングストップなし)

セレナ(2000cc)

243~301万円

15.0~17.2km/リットル

ステップワゴン(1500cc);

228~299万円

15.4~17.0km/リットル

ビアンテ(2000cc)

234~267万円

14.8km/リットル

 

上記はヴォクシーガソリン車とライバルの車体価格・燃費比較になります。ライバルのセレナ・ステップワゴンは価格帯、燃費性能、同じくらいのレベルなっています。ビアンテは若干燃費面で弱い印象でしょうか。

 

車種名

1km走るのにかかる燃料代

ヴォクシーガソリン車(アイドリングストップあり)

約7.5円

ヴォクシーガソリン車(アイドリングストップなし)

約8.2円

セレナ

約6.9円

ステップワゴン

約7.0円

ビアンテ

約8.1円

※ガソリン価格120円/リットルで計算

 

1kmあたりの燃料費では各車種では大きな開きはありません。

 

最初にヴォクシーとセレナの比較ですが、セレナの方が若干燃費はいいですが車体価格がやや高くなっています。燃費差によるコスト増は年間5000円ほどですから、燃費コスト差はほとんどないと考えていいでしょう。車体価格と燃費を併せたトータルコストで考えればヴォクシーの方が若干安価です。これはステップワゴンと比較した場合もほぼ同じとなります。

 

ビアンテは他2車種よりも若干車体価格は安いのですが燃費も落ちます。その為比較するとしたら、ヴォクシーの廉価グレード(アイドリングストップなし)になりますが、そうなると車体価格に割高感があり、ヴォクシーに軍配が上がるでしょう。

 

トータルコストで選ぶのであれば、ライバル車よりもヴォクシーが一歩リードしています。

 

ヴォクシーよりも大きいサイズの車種と比較


ここまでは同じサイズの車種との比較を行ってきましたが、ワンランク上のサイズの車種とでは車体価格と燃料コストはどの位変わってくるのかを比較してみましょう。

 

車種名

車体価格(ガソリン)

燃費性能

ヴォクシー

 

248~273万円(アイドリングストップあり)

228万円(アイドリングストップなし)

16.0km/リットル(アイドリングストップあり)

14.6km/リットル(アイドリングストップなし)

アルファード・ヴェルファイア

 

319~417万円(2500cc)

414~484万円(3500cc)

11.4km/リットル(2500cc)

9.5km/リットル(3500cc)

エルグランド

 

320~434万円(2500cc)

412~554万円(3500cc)

10.8km/リットル(2500cc)

9.4km/リットル(3500cc)

エスティマ(2400cc)

331~370万円

11.4km/リットル

オデッセイ(2400cc)

276~345万円

13.4~14.0km/リットル

 

見ての通りかなりのコスト差が出てきます。燃費コストはもちろんですが、特に車体価格の差が大きく、最も安価なオデッセイでも50万近くの開きがあり、エルグランドに至っては200万~300万の差が出てきます。いくらサイズアップして快適になるとしても、これでは比較対象にはなりません。

 

なんとか比較対象になりそうなオデッセイで購入後一年間でかかるトータルコスト(車体価格+燃料代)を計算すると

 

ヴォクシー
車体価格228万円+燃料費8.2万円=236.2万円

 

オデッセイ
車体価格276万円+燃料費8.7万円=284.7万円

 

差額 48.5万円(ヴォクシーの方が48.5万円お得)

※最廉価グレード、年間走行距離1万キロで計算

 

燃料費の差は年間5000円程ですのであまり気にしなくてもいいでしょう。しかし、車体価格に48万円と大きな差があるのは見逃せません。

 

ヴォクシー購入を想定していたのであれば約50万円の価格増は予算オーバーになってしまう可能性が高いでしょう。

 

ヴォクシーよりも小さいサイズの車種と比較


逆にヴォクシーよりも一回り小さい車種との比較を行います。こちらも車体価格と燃費に関するデータをチェックして行きましょう。

 

車種名

車体価格(ガソリン)

燃費性能

ヴォクシー

 

248~273万円(アイドリングストップあり)

228万円(アイドリングストップなし)

16.0km/リットル(アイドリングストップあり)

14.6km/リットル(アイドリングストップなし)

フリード

188~212万円

19.0km/リットル

ウィッシュ

190~259万円

14.4~16.0km/リットル

シエンタ

168~198万円

20.2~20.6km/リットル

 

最も燃費のいいシエンタとヴォクシーで購入後一年間でかかるトータルコスト(車体価格+燃料代)の比較を行ってみましょう。

 

ヴォクシー
車体価格228万円+燃料費8.2万円=236.2万円

 

シエンタ
車体価格168万円+燃料費5.8万円=173.8万円

 

差額 62.4万円(ヴォクシーの方が62.4万円コストアップ)

 

このように価格はかなり下がりますが、ヴォクシーと比べてしまうとシエンタは室内空間がかなり狭いですから、使い勝手は悪くなってしまいます。既に予算が確保できているのであれば、ヴォクシーを選んだ方がいいのではないでしょうか。いくら安くなるからと言って今後のドライブが楽しくならないのなら意味はありません。

 

ノア・エスクァイアと燃費性能はまったく同じ

ヴォクシーを買おうと思ってるけど、ノアやエスクァイアはどうなんだろう? と思われている方も多いでしょう。燃費性能は違うのかを気にしている人もいるはずです。

 

答えから言ってしまうと、ヴォクシーはノア・エスクァイアと燃費性能が同じです。ヴォクシーとノア・エスクァイアは姉妹車です。グレード名が変わってくる程度で、価格や性能はほぼ一緒です。カタログスペックでも燃費性能は同じ数値になっていますから、燃費に関しては考えることはありません。

 

ヴォクシーの実燃費はどのくらい? 実際に検証を行った


ここまでヴォクシーの燃費性能に関する説明をしてきましたが、これはあくまでカタログスペックでありデータ上の話ですから、実燃費は路面状況などの環境や運転の仕方で変わってきます。ですから「実際にはどのくらいの数値になるの?」と思われているドライバーも大勢いるでしょう。

 

ここからは、実際にヴォクシーのガソリン・ハイブリッド車に試乗した際のデータを掲載します。

 

どのヴォクシーデータも長距離ドライブのデータではありませんが、そこまで精密な実燃費にはならないかもしれませんが、データ上の数値よりは頼りになる情報です。

 

 

 

試乗車:ヴォクシーハイブリッドZS、ヴォクシーZS
条件:1名乗車、エアコンON、エコモードスイッチON

 

ハイブリッド 16.0km/リットル(実燃費)
ガソリン車(2500cc) 12.0km/リットル(実燃費)

 

 

ハイブリッドはカタログスペックからやや落ちて、16.0km/リットルという結果が出ました。街乗りであればもうちょっとお得に走れた可能性はあります。

 

ガソリン車は12.0km/リットルとかなり良い数値が出ました。もちろん、ハイブリッドよりは数値は悪いのですが、このサイズのガソリン車であれば実燃費が1桁になってしまうのはざらです。これだけ出れば上出来なのではないでしょうか。

 

状況別の燃費性能差


次は状況により燃費がどのくらい変わるのかを見ていこうと思います。

 

市街地(街乗り)

 

市街地であれば、頻繁にブレーキをかけることがあるため、ヴォクシーのハイブリッドが燃費面で優れています。実燃費に関してもカタログスペックと大きな差はありません。しかし、ガソリン車(最廉価グレード以外)もアイドリングストップが作動することにより、そこまで大きなロスはなかったようです。アイドリングストップのないガソリン車グレードは街乗りは不利になっています。

 

郊外

 

ブレーキ頻度が下がる状況では、ハイブリッドの利点は少なくなり、実燃費も下がりやすくなる傾向です。しかし、ガソリン車は一定速度の走行時間が長くなる為、カタログスペックに近い数値が出ました。有料道路や高速道路などではさらにこの傾向が強まります。

 

渋滞

 

渋滞している道路では、ヴォクシーのハイブリッドの利点をフルに発揮できます。電動での走行により、カタログスペックと比べてもそん色ない燃費性能が出ます。しかし、ガソリン車は高速走行している時と打って変わって燃費がかなり落ちるでしょう。

 

坂道

 

坂道を走っている時は、ヴォクシーのハイブリッドもガソリンも燃費は悪くなります。

 

これをまとめると

 

居住環境

おすすめパワーユニット

市街地

ハイブリッド

郊外・田舎

ガソリンエンジン

山岳地

ガソリンエンジン

 

 

住環境に適したパワーユニットは上記の様になります。市街地であれば信号で停止したり、渋滞する場合も多いでしょうからヴォクシーのハイブリッドがスペックを存分に発揮します。トータルコストで高くなりやすいハイブリッドですが、市街地で使うならば差額は縮まりやすくなるでしょう。

 

反面、郊外田舎に住んでいる場合は、ハイブリッドは生かし切れません。トータルコストはあまり縮まりませんので、ガソリン車の方が適しているでしょう。山岳地の場合にもパワーユニットによる有利不利は現れづらいですから、ガソリン車の方がコスト面で優れています。

 

実燃費の口コミを調査


前述のヴォクシーを試乗した際の燃費データですが、一度試乗したデータであってこれが100%正しいわけではありません。もっと確実なヴォクシーの実燃費を知りたければ、たくさんのデータを集めなければなりません。
ヴォクシーの実燃費データを確認するためには、「みんカラ」を使うのがいいでしょう。

有志の利用者による多くの燃費記録データの投稿があり、平均値も調べることができます。平均値を確認すれば、実際のヴォクシーの実燃費がどのくらいというのが把握できるでしょう。

 

参考ページ:みんカラ

 

パワーユニット

投稿件数

平均実燃費

ヴォクシーハイブリッド

1000件以上

16.4km/リットル

ヴォクシーガソリン

12000件以上

10.3km/リットル

セレナガソリン

13000件以上

9.7km/リットル

ステップワゴンガソリン

14000件以上

9.2km/リットル

ビアンテガソリン

1000件以上

9.3km/リットル

 

↑が平均データですが、ヴォクシーハイブリッドはカタログスペックからやや落ちますが、それでも10km/リットル代後半をキープしています。

 

また、ヴォクシーのガソリン車は10.3kmとギリギリ二桁を超える結果になりました。カタログスペックではセレナとステップワゴンを下回っていましたが、実燃費においてはほんの少しではあるものの逆転するという結果が出ました。

 

実燃費差は年間1万キロ走ったとしても、一万円行かない程度の小さなものです。しかし、差があることは確かです。元々車体価格で秀でているヴォクシーを更に後押しする要素であることは間違いありません。

 

ヴォクシーの燃費まとめ


ヴォクシーには燃費性能の高いハイブリッドが用意されています。今現在は同クラスのライバル車にハイブリッド装着車が存在しないため、これは大きなアドバンテージになります。

 

また、ヴォクシーのガソリン車の燃費においても、カタログスペックでは僅差で負けていましたが、実燃費を調査したら逆転するという結果になりました。

 

これらを総合して考えると、ヴォクシーは中型クラスミニバンとしてはトップクラスの燃費性能だと言ってもいいでしょう。

ホーム RSS購読